www.worlddamba2012.org

換金を目的にして新幹線等の乗車券の類をいっぱい決済してしまう・・・クレジット現金化サービスというもの使用しないで、換金目的をもってクレジットカード利用をする行為も同じ事と言えます。現金に変える方法を目的としているカードの決済というのはクレカの規約違反扱いになってしまうためです。たくさんの乗車チケットの他切手販売等でのクレカ決済では、場合により現金化する目的なのでは、という風に睨まれてしまう場合などが考え得るので配慮が大切なのです。さらに言うと、利用時にキャシング利用可能枠というものが限度となってしまっている方の場合、チケットなどを購買することだけであってもカード会社の方から確認の連絡が入ることもあるので、資金不足時の決済は不可能にされているようです。お金に余裕が無い際において頭をよぎる内容は皆、一緒であるのでしょう。カード発行会社から見て問題ある利用法をする・・・だいぶ前に流行した『永久機関』というようなクレジットカード会社から見て全くメリットとなることのないルールに違反した使用方法をするとクレジットの会社の判断で強制失効という扱いになる例さえもある。インターネットで話題になっていたクレジットポイントの不正入手といった世の中に認知されていない方法というものがあったとしても、このような方法というものはクレジット会社の規約違反であるからどんな理由があっても使用してしまわないようにして頂きたい。強制失効させられた内容については他のカード会社も知りうる→クレカを強制失効させられた場合でも他の会社のクレジットカードに関しては使用可能から一つくらいはいいでしょう?などと思っいるあなたは、この情報化社会においてはそれが身を滅ぼすことになる心配もあります。それは、強制失効となるという事例となると、カード発行会社にて閲覧出来てしまう個人信用情報機関へあなたの情報が更新されてしまうことで利用者の信用力というものがなくなってしまう事例があるのです。所有するだたひとつでもクレジットを強制退会させられてしまえば以後クレジットカードも審査が厳しくなりますし、場合によっては別の契約しているクレジットカードを強制失効させられる場合もあるだろう。それは免れて継続して使用できる場合でも期限切れと同時に継続できなくなると思われます。何度も何度も言っていますが強制没収になるような使用方法は絶対になさることのないように、クレカを使用して頂きたいと願います。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.worlddamba2012.org All Rights Reserved.